ガジェット

Canonデジカメ(一眼レフ/ミラーレス上位機種)おすすめ2019

この記事は約 7 分で読めます。

こんにちは!!うつ病CEOのまさひろです。

今回は、カメラメーカーの中でも個人的にお気に入りのCanonのデジカメ事情のうち、ハイエンド〜ミドルクラスのデジタル一眼にフォーカスして再調査してみました

各社の概要を調べた記事はこちら↓

最新デジカメ(一眼レフ・ミラーレス上位機種)おすすめ2019 今回はデジタルガジェットとしてはもっとも沼が深そうなカメラの世界に久しぶりに足をつっこんでみました。 子供や風景を撮影す...

なるべく分かりやすいように書いたつもりですが、できあがった記事は完全に自分用備忘録です。

好きなことをまくしたてるように喋ってる風に読んでください。

一眼レフ

フラグシップモデル

Canonの一眼レフといえばEOS 1Dシリーズ。

今はEOS-1D X Mark IIがハイエンド(フラグシップモデル)ですが、さすがに僕のようなお金も技術もないアマチュアには手が出ないです。

というか、これはiMacでいえばiMac Proなので(笑)僕が手を出すような代物じゃない。ちなみに1D X MarkⅢの開発発表もされているらしいです。お金があったら一度でいいから所有してみたいですが、宝の持ち腐れになるの確定だからもったいない。そんな逸品。

ハイアマチュアモデル

その下のEOS 5Dシリーズでも僕のようなアマチュアにとっては高嶺の花です。

EOS 5Dシリーズは、今はEOS 5D MarkⅣEOS 5DsEOS 5Ds Rがあるみたいですが、EOS 5Ds系統のほうは解像一点突破型といった感じで、一般的な用途ではEOS 5D MarkⅣのほうが安定して良さげです。

同じくハイアマチュアモデルに位置づけられているのが、EOS 7D MarkⅡです。こちらはAPS-Cセンサー搭載のモデル。解像度等ではEOS 5Dシリーズに及ばないものの、最大連続撮影速度が10コマ/秒と、連写に優れています。

フルサイズとかAPS-Cとかセンサーの種類があってよくわかないと思いますが、「撮影した写真はフルサイズが一番キレイ」とだけ覚えておけば十分です(カメラ好きの人には細かい人も多いので、この説明だと怒られるでしょうが、プロでもないのにそんな細かく気にしなくても良いじゃないですか、ねぇ)。

僕は以前EOS 7Dを使っていたので、こちらのほうが圧倒的に「馴染み」があります。画角の調整も、マニュアル設定の操作もスッと馴染めて順調に成長したなぁという感じです。

ミドルクラスモデル

ミドルクラスにはEOS 6D MarkⅡ(フルサイズ)とEOS 90D(APS-C)があります。このクラスでフルサイズ一眼があるのが昔と違うというか、ようやく趣味人でもフルサイズが手に届くようになったというか、しばらくカメラ沼から足を洗っていた身としては感慨深いです。

EOS 6D MarkⅡは、解像度と連続撮影速度こそEOS 5D MarkⅣに及ばないものの、常用ISO感度では上回っているので、暗い場所での撮影には強みがありそうです。もっとも僕の使い方では、そんなピーキーな環境での撮影は少ないですが。

また、本体重量も765gとEOS 5D MarkⅣより100g以上軽いので、フルマラソンしながら一眼レフを持ち歩くという妙な使い方をしていた僕にはかなり大きなアドバンテージです。

ミラーレス

ハイアマチュアモデル

Canonからはフルサイズセンサー搭載のミラーレス機がでていて、EOS R / EOS Raがこれにあたります。一眼レフでいうと、EOS 5Dシリーズと並ぶような位置関係です。さすがにフラグシップモデルのEOS 1Dシリーズと並ぶものはありません。

EOS Raは天体撮影専用の特化型なので無視するとして、EOS Rはすごいです。小さくて軽い上に、カタログスペックでは解像度、常用ISO感度、連射速度ともにEOS 5D MarkⅣと同等かそれ以上。

しかし、残念ながらまだ触ったことがないので感想が書けません。ぜひ触りたい。

ちょっとした問題点があるとすれば、やっぱりレンズのマウントが違うためにアダプタなしで対応できるレンズが少ないことでしょうか。まぁ、アダプタつければいいので、レンズ資産が無駄になることがないのは素晴らしく良い点です。

ミドルクラスモデル

ミドルクラスのミラーレス機にもフルサイズモデルがありますEOS RPです。

ボディサイズは485gとめっちゃ軽い。でも液晶モニターは可動式(バリアングル)でタッチパネル仕様。またプリセットフィルターが搭載されていて、初心者でも簡単に仕上がりを調整できるというスグレモノ。要は普通の写真も、インスタ映えの写真も簡単に撮れるイメージです。

なんなのもう、超進化してるなぁ、ミラーレス。

レンズ

あまりレンズに触れると帰ってこられなくなるので1本だけ。

ミラーレス機用のRFマウントのレンズはまだまだ少ないんですが、その中では「RF50mm F1.2 L USM」がやっぱり気になります。とにかく明るい大口径の単焦点レンズ。単焦点レンズのクリアな写りが好きです。

とにかく安くて写りがいいことで有名なEF50mm F1.8も好きでしたが、それより更に明るいLレンズ。以前持ってたEFマウントのレンズもこれに近い型だったような・・(記憶の彼方)

どんな写真が撮れるかワクワクします。買えないですけどね。

まとめ

Canonのデジタル一眼シリーズの紹介をしました。

物販アフィリエイトしたいなら素直にエントリーモデル書いておけよって話ですが、とりあえずハイエンドから入りたくなっちゃうのがオタクの宿命。

今のところ、僕の中では購入候補第1位はEOS 6D MarkⅡ、次点でEOS 5D MarkⅣEOS 7D MarkⅡが並んでいる感じです。

でも、ミラーレス機のEOS REOS RPも捨てがたい。やっぱりこれからはミラーレス機が主流なんですかね。

物欲は尽きることがなさそうです。

以上です。最後まで読んでくださりありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 小遣いブログ 兼業・副業フリーランスへ