うつ病

質問「うつ病とはどんな病気?」→憂鬱な気分や疲労感がずっと続きます

この記事は約 4 分で読めます。

まさひろ
まさひろ
こんにちは!!うつ病CEOのまさひろです。

うつ病の人への質問に、うつ病歴8年、寛解と再発を経験している僕が勝手に答えます。

質問

男性
男性
同僚がうつ病になりました。最近よく聞く、「うつ病」という病気はどんな病気ですか?

回答

まさひろ
まさひろ
うつ病は、こころの風邪といわれるように、誰もがかかる可能性のある病気です。

この記事では、以下の疑問に回答します。

  1. うつ病の代表的な症状や変化は?
  2. うつ病になりやすい要因は?
  3. うつ病かなと思ったらどの診療科を受診する?

うつ病の代表的な症状や変化は?

「うつ病」の代表的症状

うつ病と診断される目安として、次のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続く、というものがあります。

  • 悲しい
  • ゆううつな/沈んだ気分
  • 何も興味がわかず楽しくない
  • 疲れやすくだるい
  • 何をするのもおっくう
  • 寝つきが悪く朝早く目が覚める
  • 食欲がなくなる
  • 肩こりや頭痛、頭重感がつづく
  • 死にたくなる

まさひろ
まさひろ
ひとつひとつの症状は誰もが感じるような気分ですが、それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、長い期間続くようであれば、もしかしたらうつ病のサインかもしれません。

これまでに躁(そう)状態や軽躁状態を経験している場合、双極性障害(躁うつ病)と考えられます。また、統合失調症などのような精神疾患がほかにあるかどうかも重要です。

正しいうつ病の診断は、どのタイプのうつ病なのか、他の精神疾患の可能性はないかなど、専門的な診断が必要になります。

うつ病かな?と思ったら、自己判断せずきちんと病院にかかりましょう。

見落としがちな身体症状

また、次のような身体症状がでることも多く、その場合はうつ病とは気づかれないことも多いです。

  • 食欲がない
  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • 性欲がない
  • 頭痛や肩こり
  • 動悸
  • 胃の不快感
  • 便秘がち
  • めまい
  • 口が渇く

まさひろ
まさひろ
僕の場合は身体症状が中心だったので、長いことうつ病とは気づかず無理を続けてしまいました

気づきやすいうつ病の人の変化

周りの人が「いつもと違って」次のような変化があれば、もしかしたら本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。

  • 表情が暗い
  • 涙もろくなった
  • 反応が遅い
  • 落ち着かない
  • 飲酒量が増える

まさひろ
まさひろ
人間、調子の悪いときはあるものですが、こういう変化が長く続いているようであれば、無理せず病院にいくことを勧めましょう。

うつ病になりやすい要因

うつ病はどんな人がなる?

上でも書いたように、うつ病はこころの風邪ともいわれ、誰もがかかる可能性のある病気です。

日本では、これまでにうつ病を経験したことがある人は100人に3~7人という割合で、うつ病は決して他人事ではないくらい急速に増えています。

まさひろ
まさひろ
僕もIT業界にいたせいか、やたらとうつ病の人が多かった印象があります

ただし、うつ病が増えているという背景には、うつ病の認識が広がっているために、潜在的にうつ病だった人が受診する機会が増えたこともあります。

うつ病になりやすい環境や性格

心配や過労・ストレスが続いたり、孤独や孤独感が強くなるなど環境に影響されたり、将来への不安を感じたりしたときにかかりやすい病気です。

まさひろ
まさひろ
几帳面で生真面目、小心で気にしやすい性格の人がうつ病になりやすいとも言われています。

うつ病の場合はどの診療科を受診する?

うつ病かなと思ったら、精神科・神経科・心療内科を受診

まさひろ
まさひろ
精神科・神経科・心療内科にはあまり馴染みがないでしょうが、怖いところではありません。むしろ内科より丁寧に診察してくれるので、居心地がいいところも多いです。

病院
質問「心療内科の診察はどんな感じなの?」→体験談を紹介 質問 回答 心療内科はどうやって受診するの?心療内科はどんなところ?診察ではどんなことを聞かれるの? ...

治療法にもいろいろある

うつ病の治療法は、一人ひとり違います。

一般的なうつ病ならば、薬物療法の効果が期待できます。本人の性格や職場などの環境の影響が強い場合は、精神療法や環境の変化が必要です。

まさひろ
まさひろ
うつ病と言っても、うつ病を患った背景が人によって違うように、治療法もひとつではないことを知っておくことが大切です。

まとめ

今回の記事をまとめます。

  1. うつ病の代表的な症状は「憂鬱な気分」などが2週間以上続いていることだが、「だるい」「吐き気」などの身体症状がでることも多く、周囲から見てわかる変化も多い
  2. うつ病は誰でもなる病気だが、環境や性格による影響も大きい
  3. うつ病の治療には神経科・精神科・心療内科などを受診する

「うつ病かな?」と思ったら、無理せずはやめに病院にかかりましょう。

まさひろ
まさひろ
以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考資料

厚生労働省「知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス

ブログランキング参加中です
この記事は約 1 分で読めます。
↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ