うつ病と薬

【うつ病の治療薬】抗うつ薬の効果・副作用と服用中の注意点まとめ

抗うつ薬の効果・副作用
この記事は約 7 分で読めます。
男性

うつ病の治療につかう薬には、いくつかの種類があると聞きました。それぞれ、どんな特徴と注意点があるんですか?

そんな疑問に答えます。

この記事でわかること
  1. うつ病治療に使う薬はどんなもの?
  2. 服用の注意点は?

うつ病治療に使う薬

うつ病治療に使う薬

うつ病の薬物療法で中心となるのは「抗うつ薬」

うつ病の薬物療法では、主として「抗うつ薬」というものを用います。

抗うつ薬は、その特性によって以下の表のようなグループに分けることができます。

種類 性質 副作用
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) 神経細胞の間に放出されたセロトニンが再び神経に取り込まれるのを防いで、セロトニン濃度を高める 少なめ
SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) 神経細胞の間に放出されたセロトニンとノルアドレナリンが再び神経に取り込まれるのを防いで、これらの神経間の濃度を高める 少なめ
NaSSA(ノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ薬) SSRIともSNRIとも異なる作用の抗うつ薬で、同等の効果がある 少なめ
三環系抗うつ薬 神経伝達物質に作用し、効果を発揮 多め
四環系抗うつ薬 三環系と同様だが、効果は弱め 多め(三環系抗うつ薬よりは少なめ)
抗うつ薬の種類

ちょっと難しいですね。でも、治療を受けていると徐々に覚えていくので、いまは覚えなくて大丈夫です。

この中でも古くから用いられてきたのが「三環系抗うつ薬」や「四環系抗うつ薬」と言われるタイプの薬になります。これらは、効き目はよいのですが、一方で副作用も多くあることが問題でした。

それに対して新しいSSRIやSNRI、NaSSAといった種類の薬は効果は同程度で副作用が少ないという特徴があります。

うつ病の重症度によっては、新薬では効き目が薄い場合もあります。そういったときは、複数の薬を組み合わせたり、従来どおりの三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬を使うこともあります。

その他の薬

抗うつ薬だけでは軽減しない不安感や不眠などを軽減するために、抗不安薬や鎮静剤、睡眠薬などが処方されることもあります。

抗うつ薬に対するよくある勘違い

抗うつ薬によくある勘違い

うつ病の治療を開始する際によくある勘違いが、抗うつ薬を飲めばすぐに気分がよくなるというものです。

実際には、薬の効果があらわれるまでは個人差はありますが2週間から1ヶ月近くを要するものです。

うつ病の薬は少量から始めて少しずつ増やしていく

少量から初めて徐々に増やす

抗うつ薬は、まずは一種類から始めて、効果を見ながら徐々に十分な量まで増加させていきます。どうしても薬の効果があらわれない場合は、抗うつ薬の種類を変えて様子を見ます。

抗うつ薬の飲み始めのころは不快な副作用が出やすい時期でもあり、注意して様子をみましょう。

薬の効き始めはダルさや不眠などの症状が軽くなり、抑うつ状態が改善するのはその後になる傾向があります。

つらい症状は数ヶ月でよくなることも多いですが、数年かかる場合もあります。

抗うつ薬の副作用

抗うつ薬の副作用

代表的な副作用

抗うつ薬には、飲み始めに次のような症状がでることがあります。

  • 吐き気
  • 下痢
  • 頭痛
  • 便秘
  • 口の乾き
  • めまい
  • 眠気

症状は、薬に慣れると徐々に収まってきますが、どんな副作用がでたかは診察のときに医師に伝えましょう。

また、どうしても辛い場合は早めに医師に相談して薬を変えてもらいましょう。

抗うつ薬による太りやすさの違い

抗うつ薬には、薬の種類によって副作用で太りやすいものがあります。代表的な薬を太りやすさ別に表にしたものが以下のものです。

元住吉こころみクリニック 「太りやすい抗うつ剤は?体重増加の比較」の表を一部改変して作成
https://cocoromi-cl.jp/knowledge/psychiatry-medicine/antidepressant/comparison-fat/
元住吉こころみクリニック 「太りやすい抗うつ剤は?体重増加の比較」の表を一部改変して作成

太りにくいとされるのはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)くらいで、あとは程度の差はあれど太りやすくなる副作用があります。

またドグマチールはもともと胃薬で、食欲増進効果がありますし、上図にはありませんが抗ヒスタミン薬などでも食欲増進の副作用がでる人もいます。

まさひろ

僕の場合、三環系の「アナフラニール」を増量した頃から急激に体重が増加し始めました。

抗うつ薬による体重増加の対処法

抗うつ薬による体重増加が気になるときの対処方法は、以下のようなものです。

抗うつ薬による体重増加への対処法
  1. 食事習慣を見直す
  2. 運動を習慣にする
  3. 定期的に体重を測る
  4. 抗うつ薬を減薬・変更する(要注意)

抗うつ薬自体は、代謝に影響することは少なく、それ自体が太る作用をもっているわけではありません。しかし、副作用として現れる食欲増加やリラックス作用などにより、結果的に太りやすくなってしまいます

まさひろ

食べた量以上に太るわけではないので、結局は自己管理が大切なんです。

①食事習慣を見直す

抗うつ薬自体の代謝への影響は比較的少ないので、体重管理の方法は単純にカロリーコントロールを意識すれば良いということになります。

つまり一般的にダイエットをする際に言われる次のようなことを守れば良いわけです。

  • 朝昼晩の3食を食べる
  • 間食は控える
  • よく噛んで食べる
  • 糖質を適度に控える
  • カロリーを意識したメニュー選びを心がける

②運動を習慣にする

運動自体でカロリーが消費されますが、それ以上に期待できるのが運動で筋肉量が増えることで基礎代謝があがり、そもそも痩せやすい身体になるということです。

運動にはジョギングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動がありますが、これらを組み合わせることで、より効率的に脂肪が燃焼されるようになります。

まさひろ

筋トレをするときは、大腿筋や大胸筋といった大きい筋肉を優先的に鍛えると効果を感じやすいです。

また運動後にはタンパク質をとることも必要です。

③定期的に体重を測る

治療中はできれば毎日体重計にのって、体重を記録するようにしましょう。治療中の毎日の体調などと合わせて記録しておくと、診察のときにも重宝します。

自動的に記録をつけてくれる体重計を利用すると尚良いです。

④抗うつ薬の減薬や変更をする方法も・・・

現在の治療状況次第ですが、主治医と相談のうえ太りやすい薬を減薬したり、より太りにくいSNRIやSSRIに変更するということも考えられます。

ただし、これはうつ病の症状が悪化することに繋がりかねないので、くれぐれも自己判断で行わず、主治医と相談の上、慎重に行う必要があります

まさひろ

僕も何度か主治医と相談して薬を変えたりしましたが、うつ病の症状が悪化したこともあったので、この方法はそれなりに大変です。

薬を飲んでいるときはお酒は控えよう

薬の効果が強くなりすぎる

アルコールは薬の作用・副作用を強めすぎることがあります。特に副作用についてはかなりキツイものです。

アルコールの作用を増強する

逆に薬を飲んでいるときは、酔いが早く回ることになります。特に抗不安薬の中にはアルコールと相互作用を起こして、非常に危険なものもあります。

どうしても飲まないといけないときはお酒を飲んでから3時間くらいあけてから、薬を飲むようにすることが大切です。

うつ病の人をお酒に誘うのも控えよう

うつ病のさなかで飲むお酒はおいしくない

お酒が好きでよく飲みに行く人でも、うつ病になると、行動するエネルギーが枯渇した状態になるので、お酒を飲みたいという意欲も失われることが多いです。

うつ病の人は、お酒で陽気になることはない

落ち込んでいる人をみて、「ちょっとお酒でも飲んで気分を明るくしよう」ということは結構ありますよね。でもこれ、うつ病の人にはこれは逆効果です。

周りの人が楽しそうにしているのを見ると、うつ病の人は同じ様に明るくなれない自分を責めて、さらに落ち込みを深めていくことがあります。

抗うつ薬で副作用がでてしまったら

副作用がでてしまったら

医師と相談して指示に従うのが第一

手が震える、動悸がする、イライラする。とにかくいつもと違うことが起こったならば、それは副作用かもしれません。すぐ医師・薬剤師に相談しましょう。

日々の調子を日記にする

毎日キツくてそれどころではないかもしれませんが、投薬中は毎日の調子を簡単な日記にしておくといいです

フォーマットは適当でOKです。

あとから読み返せるレベルであればなぐり書きで大丈夫です。

日記をみなおすと、診察のときにも症状の変化を詳細に伝えられるし、あとになって読み返すと、その当時にどれだけ弱っていたかや、どれだけ調子がよくなっているのかが客観的に判断できます。

自己判断で薬をやめてはダメ

自己判断で薬をやめてはダメ

症状がなくなったとしても自己判断で薬を止めてはいけません。自己判断で薬をやめると、抑えられていたうつ病の症状が再び現れる場合や、手足がビリビリする、めまいがする、ぼーっとするなどの離脱症状がでるためです。

そのため症状が抑えられてからも医師の指示にしたがって薬を飲み続ける必要があります

目安は症状がなくなって半年程度です。その後医師の指示のもと薬の量を減らしていきます。最終的に薬がなくても症状がでなくなれば、薬をやめることができます。

まとめ

この記事のまとめ
  1. 抗うつ薬には、SSRI、SNRI、NaSSA、三環系、四環系などの種類がある
  2. 症状によって睡眠薬、抗不安薬なども併用する
  3. 抗うつ薬はすぐに効くわけではない
  4. 抗うつ薬にはさまざまな副作用がある
  5. 副作用がでたら医師に相談
  6. 自己判断で薬をやめてはいけない

まさひろ
まさひろ
以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。