うつ病と薬

急な体重増加にご用心!うつ病の薬で太ることはあるの?

この記事は約 4 分で読めます。

まさひろ
まさひろ
こんにちは!!うつ病CEOのまさひろです。

うつ病の人への質問に、うつ病歴8年、寛解と再発を経験している僕が勝手に答えます。

質問

男性
男性
うつ病の治療を始めてから体重が増え続けています。薬の影響でしょうか?

回答

まさひろ
まさひろ
薬の種類によっては太りやすい薬があります。でも、普通のダイエットでやせることはできます。

この記事でわかること

  1. 抗うつ薬による太りやすさの違い
  2. 抗うつ薬による体重増加の対処法

抗うつ薬による太りやすさの違い

抗うつ薬は、以下のように大きく6種類に分類できます。

  • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
  • SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
  • NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動薬)
  • 三環系抗うつ薬
  • 四環系抗うつ薬
  • その他

これらの代表的な薬を太りやすさ別に表にしたものが以下のものです。

元住吉こころみクリニック 「太りやすい抗うつ剤は?体重増加の比較」の表を一部改変して作成
https://cocoromi-cl.jp/knowledge/psychiatry-medicine/antidepressant/comparison-fat/
元住吉こころみクリニック 「太りやすい抗うつ剤は?体重増加の比較」の表を一部改変して作成

太りにくいとされるのはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)くらいで、あとは程度の差はあれど太りやすくなる副作用があるようです

またドグマチールはもともと胃薬で、食欲増進効果がありますし、上図にはありませんが抗ヒスタミン薬などでも食欲増進の副作用がでる人もいます。

まさひろ
まさひろ
僕の場合、三環系の「アナフラニール」を増量した頃から急激に体重が増加し始めました。

抗うつ薬による体重増加の対処法

抗うつ薬による体重増加が気になるときの対処方法は、以下のようなものです。

  1. 食事習慣を見直す
  2. 運動を習慣にする
  3. 定期的に体重を測る
  4. 抗うつ薬を減薬・変更する(要注意)

抗うつ薬自体は、代謝に影響することは少なく、それ自体が太る作用をもっているわけではありません。しかし、副作用として現れる食欲増加やリラックス作用などにより、結果的に太りやすくなってしまいます

まさひろ
まさひろ
食べた量以上に太るわけではないので、結局は自己管理が大切なんです。

①食事習慣を見直す

抗うつ薬自体の代謝への影響は比較的少ないので、体重管理の方法は単純にカロリーコントロールを意識すれば良いということになります。

まさひろ
まさひろ
つまり一般的にダイエットをする際に言われる次のようなことを守れば良いわけです。

  • 朝昼晩の3食を食べる
  • 間食は控える
  • よく噛んで食べる
  • 糖質を適度に控える
  • カロリーを意識したメニュー選びを心がける

②運動を習慣にする

運動自体でカロリーが消費されますが、それ以上に期待できるのが運動で筋肉量が増えることで基礎代謝があがり、そもそも痩せやすい身体になるということです。

運動にはジョギングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動がありますが、これらを組み合わせることで、より効率的に脂肪が燃焼されるようになります。

まさひろ
まさひろ
筋トレをするときは、大腿筋や大胸筋といった大きい筋肉を優先的に鍛えると効果を感じやすいです。

また運動後にはタンパク質をとることも必要です。プロテインもとれるダイエットコーヒー「カフェテイン」はお手軽でオススメです。

カフェテイン:スムージーより低糖質、プロテインより低カロリー

③定期的に体重を測る

治療中はできれば毎日体重計にのって、体重を記録するようにしましょう。

まさひろ
まさひろ
治療中の毎日の体調などと合わせて記録しておくと、診察のときにも重宝します。

自動的に記録をつけてくれる体重計を利用すると尚良いです。

④抗うつ薬の減薬や変更をする方法も・・・

現在の治療状況次第ですが、主治医と相談のうえ太りやすい薬を減薬したり、より太りにくいSNRIやSSRIに変更するということも考えられます。

ただし、これはうつ病の症状が悪化することに繋がりかねないので、くれぐれも自己判断で行わず、主治医と相談の上、慎重に行う必要があります

まさひろ
まさひろ
僕も何度か主治医と相談して薬を変えたりしましたが、うつ病の症状が悪化したこともあったので、この方法はそれなりに大変です。

まとめ

今回の記事をまとめます。

  1. 抗うつ薬には副作用で太りやすくなるものがある
  2. 抗うつ薬それ自体が代謝に影響することは少ないので、一般的なダイエットと同じ方法が有効
  3. 抗うつ薬を減薬したり、他の太りにくい抗うつ薬に変更することも考えられるが、主治医と相談のうえ、慎重に行う必要がある

また、体重増加が気になるときは、まずは主治医に相談をしたうえで、対策を行うようにしてください。

まさひろ
まさひろ
まずはうつ病を治すことが最優先のはずですので、体重増加を気にしすぎてうつ病の治療がおろそかにならないように注意しましょう。

まさひろ
まさひろ
以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考文献

この記事は約 1 分で読めます。

ブログランキング参加中です

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ