うつ病の基礎知識

これってうつ病!?うつ病と診断される症状と変化をチェック

この記事は約 3 分で読めます。

まさひろ
まさひろ
こんにちは!!うつ病CEOのまさひろです。

うつ病歴8年、ベテランうつ病患者の僕が、うつ病の「なぜ?」「どうして?」に答えます。

質問

男性
男性
最近、気分がすぐれなくて困っています。

「うつ病じゃないか?」と同僚に言われたのですが、うつ病の症状ってどんなものがあるんですか?

回答

まさひろ
まさひろ
うつ病と診断される目安として、代表的な症状が2週間以上ずっと続くかどうかがポイントになります。

また、「うつ病かな?」と疑う変化もあるので、合わせて紹介します

この記事でわかること

  1. うつ病の代表的な症状
  2. うつ病の人の変化

うつ病の代表的な症状や変化は?

「うつ病」の代表的症状

うつ病と診断される目安として、次のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続く、というものがあります。

  • 悲しい
  • ゆううつな/沈んだ気分
  • 何も興味がわかず楽しくない
  • 疲れやすくだるい
  • 何をするのもおっくう
  • 寝つきが悪く朝早く目が覚める
  • 食欲がなくなる
  • 肩こりや頭痛、頭重感がつづく
  • 死にたくなる

まさひろ
まさひろ
ひとつひとつの症状は誰もが感じるような気分ですよね。

しかし、それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、しかも長い期間続くようであれば、もしかしたらうつ病のサインかもしれません。

これまでに躁(そう)状態や軽躁状態を経験している場合、双極性障害(躁うつ病)と考えられます。また、統合失調症などのような精神疾患がほかにあるかどうかも重要です。

正しいうつ病の診断は、どのタイプのうつ病なのか、他の精神疾患の可能性はないかなど、専門的な診断が必要になります。

うつ病かな?と思ったら、自己判断せずきちんと病院にかかりましょう。

双極性障害とうつ病の違いはなんですか? 質問 回答 この記事でわかること 双極性障害とはなにか うつ病と双極性障害の見分け方 双極...

「うつ病」の人の気づきやすい変化

周囲の人に、次のような変化が(長期間にわたり)見られたら、その人はうつ状態で苦しんでいるかもしれません。

  • いつもより表情が暗い
  • 涙もろくなった
  • 反応が遅い
  • 落ち着かない
  • 飲酒量が増える

まさひろ
まさひろ
人間、誰しも調子の悪いときはあるものです。

しかし、それが長く続いているようであれば、無理せず病院にいくことを勧めましょう。

こんな身体症状も、うつ病の可能性があります

長年「うつは心の病気」と言われてきたため、身体症状が主体となる場合は、うつ病とは気づかれないことも多くあります。

次のような症状が長く続く場合も、うつ病の可能性があります。

  • 食欲がない
  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • 性欲がない
  • 頭痛や肩こり
  • 動悸
  • 胃の不快感
  • 便秘がち
  • めまい
  • 口が渇く

まさひろ
まさひろ
僕の場合はまさに、上記のような身体症状が中心でした。

そのため、長いことうつ病とは気づかず無理を続けてしまいました。

まとめ

この記事をまとめます。

  1. うつ病の代表的な症状には心的なもの身体的なものとがあり、そのうちいくつかが2週間以上続くと、うつ病の疑いがでてくる
  2. うつ病の人にはいつもと違う変化がみられるので、そういった変化が長く続く場合は、病院の受診をすすめる

まさひろ
まさひろ
以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事は約 1 分で読めます。

ブログランキング参加中です

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ